2014年2月16日日曜日

Black Fleece by Brooks Brothers ボタンダウンシャツ

毎期、パターンを変えて出るクレイジーパターンのシャツ。



丸の内のBrooksを見ていたら、セールになっていました。

その日は迷ってスルー。

後日、表参道ヒルズで見てやっぱり買おうと思ったら、BB0がない…

縁がなかったと諦めようと思っていたそのとき、オンラインショップを見たら!
オンライン限定でさらに値引き。BB0もある!

ということで、今日届きました。

タックアウトするには丈長め。ショーツなんかに合わせて着ると良いかも。

タックイン、今年は挑戦しよう。

2014年2月2日日曜日

Barbour BEDALE SL CAMO

Barbour定番のBEDALE。
Barbourオリジナルの動物がところどころに隠れているカモ柄です。


かなり明るく写ってしまっていますが、オイルドコットンの独特なマット感でいい具合にカモを中和しています。
そしてびっくりしたのが、現行品のオイル臭のなさ!2クラウンのBEDALEを一つ所有していますが、満員電車に乗るのは遠慮したくなる臭い。私は好きですが。

カモ柄はかなり万能選手。さらにオイルドコットンなので雨の日も大活躍してもらいます。

Barbour Peopleに載っている人たちはみんなお洒落だなー。

2014年1月31日金曜日

Maison Martin Margiela × MOLESKINE ノート

最近増えているマルジェラのコラボ物。



ベルギーコットンでカバーされたノート。


表紙・裏表紙をめくるとインクの跡。

服の購入記録にでも使おうと思います。

2014年1月28日火曜日

Maison Martin Margiela ⑩ シャドーエフェクトニット

2011AWのシャドーエフェクトシリーズニット。




ぱっと見、全くシャドー感はありませんが、織り方を変えて微妙な凹凸を表現することでシャドーを表現しています。

定番のパッチニットよりも厚手ですが、92%ウール、8%カシミヤ混紡で柔らか。
マルジェラのニット(に、限らずですが)は色が好きで買うことが多く、これもまた絶妙なグレーベージュ。

Vネックがかなり深いので、意外とあわせるのが難しい…良い着方ないかな。

2014年1月26日日曜日

Maison Martin Margiela ⑪ 定番ウォレット

5年ほど気に入って使っていたZuccaのものがかなりくたびれてきたので、財布を買い換えました。




2014SS カラーはオークル。表参道で購入。中心に銀のラインが入っているのが今期の特徴。
他に黒、グリーン、グレーがありましたが、今まで黒か濃い茶の財布しか使ってこなかったので、思い切って明るめの色に。
色の変化がこれからすごく楽しみ。レザーの変化が楽しみなものがすごく増えてきました。

小銭入れも使いにくいと思いきや慣れれば大丈夫そう。
当分、無駄に財布さわりそうです笑。

フランス軍 レザーフライトジャケット

マルジェラのREPLICA元にもなったフランス軍のフライトジャケット。
軍のパイロットが着ていたものです。


深みのあるネイビー。


左胸、左腕の特徴的なポケット。


サイズ92C。何よりファー付き完品デッドストック。
ジップを閉めると裾のゴムが邪魔…になって、ダブルジップに変わったらしい。
確かに閉めると邪魔です笑。

マルジェラのライダースと並んで長く着たいものの一つ。

2014年1月18日土曜日

代々木上原 DISH

渋谷からブラブラ散歩がてら。駅前にあるDISH。

肝心の概観を撮り忘れました。。。



広々とした店内。

マグが素敵。

鮪ホホ肉のトマトソースパスタ。
非常に美味!

今度は夜に来たいな。今年は知らない土地の知らない店を攻めます。


2014年1月16日木曜日

INVERALLAN ケーブルニット

大好物。


ベージュのやさしい色合いのニットを探していたところ出会いました。
横浜のB Shopで購入。(2013/11)

初のINVERALLAN.

ハンドメイドの温もり。

白かネイビーのシャツを合わせるのが鉄板。
これはハズシとか関係なく、綺麗に、シンプルに合わせたいアイテム。

小さいころは嫌いだったものが、大人になると好きなものに。
その代表格がニットです。

2014年1月14日火曜日

A.P.C. NOIR PETIT STANDARD(8ヶ月目)

今日はデニムを。

A.P.C. PETIT STANDARDのブラックデニム。2013/04に購入。
細すぎず、履いたときのシルエットがとても良い。


リジッドの状態で記録をつけていないのが心残りですが、週に2回程度の着用なので、色落ちもうっすら程度。
少しずつ膝も抜けてきていて、ヒゲ・蜂の巣のための皺も定着し始めてきています。


特に洗濯の周期とかは決めておらず、洗いたくなったら洗うスタンスで。
ブラックデニムの履きこみはこれが初めてなので、これからがとても楽しみな一本です。



2014年1月13日月曜日

ZINTALA コードバン短靴 シューケア

これもいつもお世話になっている古着屋で2013/12に購入。
自分が持っている靴の中で定価は最も高いですが、新古品のため格安で購入。


写真だとわかりづらいですが、ヴァンプの部分は裏革を使っています。
裏革の部分は染みができやすく手入れが難しい。。(コードバンということもあるかもしれませんが)


こちらが手入れ前。ずいぶん革が乾燥・ムラが出てしまっています。
手入れはいたって普通ですが以下の手順で。

1.ブラッシングしてほこりを落とす

2.サフィールのレザーローションで全体の汚れおとし

2.5.乾燥がひどい場合は、モウブレイのデリケートクリーム塗布

3.サフィールのクレム1925をペネトレイトブラシで全体に塗布後、ムラをなくすために全体をブラッシング

4.着古したTシャツなどを使って、全体を磨く。

5.水を少しだけつけてさらに磨く

6.4→5の繰り返しで満足するまで!


片足10~15分ですが、なかなか綺麗に仕上がりました。


手入れ前後の左右(右足が手入れ後)で比較すると一目瞭然。

長く付き合っていきたい一足。今日、履いて出かけよう。

2014年1月9日木曜日

MARINE NATIONALE(フランス海軍) デッキジャケット

初めて古着を紹介します。

フランス海軍のデッキジャケット。
高円寺のencoreで、2013/11に9000円と個人的には破格の値段で購入できました。



ペンキの付着あり、コットンの使い込みでできる柔らかさが出ているいい具合の使用感。
袖のリブも含めて破れもなし、ボアの抜けもほとんどありません。非常に暖かいです。


GARINI?さんが元の持ち主でしょうか。


MARIN NATIONNALEプリント。



ループも綺麗に残っています。

ボアの茶色にあわせて、茶色のコーデュロイ、チェスナットのベックマンにあわせるのがお気に入り。

明日着よう。

Maison Martin Margiela ⑭ 定番エルボーパッチニット

パッチ繋がりでもう一つ。マルジェラ定番のエルボーパッチニットです。
2012AW、ウール100%、OMOTESANDO購入の
イタリア製




綺麗な臙脂に茶色のシープレザーパッチ、アイコンの四つ糸が良いアクセントになっています。
こちらも様々な臙脂に、茶系の糸も少し入っています。やっぱり深みのある良いニット。

黒か濃い目のネイビーのパンツとシャツに合わせて綺麗目に着ることが多いですが、軍パンなどにも良く会う万能ニットです。また、パッチの茶色に会わせた靴を履くのが好き。

レザーパッチニットの唯一の欠点は、クリーニング代が…笑。それでもたくさん着たいと思う洋服です。

Maison Martin Margiela ⑭ エルボーパッチカーディガン

年末のPRIVATE SALEで購入したマルジェラ定番のエルボーパッチカーディガンです。
2013AW、ウール100%、OMOTESANDO購入。



毎シーズン出ていますが、パッチがスウェードだったりデニムだったりと、ちょっとした変化があります。
今期のものは

・パッチがコーデュロイ
・裾・袖リブの締め付けがなくストンと落ちるシルエット
・ミドルゲージ

と、ド定番のスムースレザーパッチ・ハイゲージに比べるとけっこう違います。


マルジェラのニットは良く見ると微妙な色差のある糸を使っていて、なんとも言えない色に仕上がっています。そこがマルジェラニット一番の魅力。

パッチも明るめなので、春先もさらっと着ていきたいです。