2017年11月3日金曜日

NOS Bob Smart Punched Cap Toe

マイナーメーカーですが、なかなか良さそうだったので購入。
Bob Smartのパンチドキャップトゥです。



S8SさんによるとBob Smartはサービスシューズなんかでよく出てくる、
【CRADDOCK-TERRY SHOE CORP】のカジュアルラインだそうです。
他に検索で引っかかるのは、高円寺のSUNTRAPさん。ダブルコバも出してたみたいですね。
http://suntrap-tokyo.com/items/?p=106775


たまらない生成りステッチ。ピッチは1mmくらいです。


2:1ステッチ。2重のところはずらさず重なってますね。


一番好きなポイントはここ。半カラスならぬクオーターカラス。
そんな名称あるのかわかりませんが笑


インソールは剥がれてしまっているので手入れと一緒に補修予定です。


手入れ後、より詳細を。

4 件のコメント:

  1. なおけんた2017/11/03 10:37:00

    ソールがクールですね!私もこういうの大好きです。
    昔のアメリカ靴の良さって、こういう見えにくい部分や、すぐに傷がついて汚れていく部分にもものすごい手間を掛けていたところだと思っています。
    コストカットを要求される現代の靴では真っ先に省略されるところでしょう。だから昔の靴はいいんですよねえ。
    それがよくわかる名前の通りスマートな靴ですね。

    返信削除
    返信
    1. なおけんたさん

      コメントありがとうございます!
      そうなんです、ソールが最高にいいんです。買う決め手になったのもこの意匠でした。
      確かに見えないところにどれだけ手間がかかっているかって、良いポイントですね。カジュアルラインとは思えないスマートなやつです。

      最大の難点は、このソールのため履くのが非常に勿体無いことです笑

      削除
  2. スニゲーター2017/11/03 22:42:00

    おや、VIKINGを買っていなければ参加しようと思っていた靴ではありませんか。
    しかし、なんとなくまるすけさんの予感はしていました・・・。
    こういった王道黒ストレート、あるようで無い。考えちゃいましたが、10月はもう限界を二回くらいオーバーしちゃってたので、どうしても無理でした。
    予想どうりのステキな黒。良い靴なだけに無念です。

    返信削除
    返信
    1. スニゲーターさん

      コメントありがとうございます!
      おお、そうなんですね。競るかなーと思ってたんですが運良く^^
      スニゲーターさんの英国デッドを見つけていればそちらに流れたかもしれません。
      しかし若干ウィズが狭いんですよね、表記は185です。スニゲーターさん履けますかね…

      削除