2017年12月6日水曜日

Florsheim 21746 The Beacon

出会いました。The Beacon.
不思議とフローシャイムの黒ロングウイングにはあまり縁がなかったのですが、いいものを見つけました。Make Offer 成功で$25◎








所謂、Varsityのシボ革(Black Walnut Calf)バージョン。
.Varsity特有のヴァンプ縦クラックを気にしなくて済むのでVarsityよりも扱いやすい。



インペリアルよりもシボ大きめ。荒々しい印象。だけど柔らか。GAP MAX.


出縫いも大きめシボに合わせるかのように太くしっかり入ってます。


ジョンマーにも負けないステッチ。全て2重。これは強い。
バーフォレーションも大きめですね。


巻き上げ浅めヒール。トップリフトとのアンバランスさ◎


刻印BJ表記なので、69年製でしょうか。まさに1969年カタログそのもの。


ヒールは穴あきヒールです。69年でもラバーとは。



個人的にインペリアルのロゴよりこっちの方が好き。


シャープでいいですね。

ジャケパンに数回合わせてみてますが、季節的にもシボの重厚感がマッチしてて良い感じ。
どうもシボ革はスーツには合わせるのに違和感を感じるのですが、皆さんは如何でしょうか?

次回はスエードの靴を紹介予定です。

6 件のコメント:

  1. クロマメ2017/12/07 9:16:00

    この状態のBEACONが$25とはお得ですねえ。このくらいの状態のものが実用には一番良いですね。デッドだと踏ん切りがつかない…。

    「Varsity特有のヴァンプ縦クラックを気にしなくて済むのでVarsityよりも扱いやすい。」

    ここ、同感です。手持ちのVarsityの茶、すごく良い状態なんですが、クラックが出やしないかと気が気ではありません。一番気を使う革です。

    返信削除
  2. クロマメさん

    コメントありがとうございます!
    本文中に、US Shipping Onlyとなっていたので諦めかけましたが、「Buying Option」でなかったのでダメもとアタックしたら送ってくれました笑

    仰られるとおり、デッドははけないけどミント~美品くらいのものが履くには一番いいですよね~。

    Varsityの革はほんとに素晴らしいですよね、ほんとなんでクラックでてしまうのか…絶対的な予防法があればいいですよね、誰か発見してくれないかな笑

    返信削除
  3. スニゲーター2017/12/08 22:56:00

    びょえええ!
    Beaconは私が最も求めている靴の一つではあーりませんか。それがこのサイズで25ドルとは・・・。まさに理想の一足。
    それにしてもシンクロしてますねぇ。皆考えることは一緒ということでしょうか。
    あ、ところで以前のSir Herbert Barker。出品してますのでよろしければご覧になって下さい。

    返信削除
    返信
    1. スニゲーターさん

      おおお、そうでしたか。送料のほうが高いebayあるあるで日本に届きました。
      カタストロフィにはまだ遭遇してない私ですが、インソール崩壊、踵の割けはくらってますので安心感を求めるとどうしても70s~ですかねぇ。

      Barkerオークションで拝見しました!少々出費が立て込んでおるので検討させて下さい…すみませぬ。

      削除
  4. このデザインが大好きな私には凄く羨ましい~(*´Д`*)
    Varsityはクラックを気にしなくてはならず、恐竜Kenmoorはなかなか個性的、これを考えるとBeaconが一番普段履きに適してますねえ。

    一応マイサイズ黒Beaconを見つけてるんですが、状態と値段が釣り合わないので見送り続けてます(^^;)

    返信削除
    返信
    1. Ironさん

      Ironさんが書かれていた、Varsityははいてすぐメンテ、お気持ちよくわかりますw私もそうしてました。
      いたってベーシック、でも巻き上げ。普通の黒ロングウイングとは違いますからね、ラッキーでした。
      安くなる or makeOffer設定がされるといいですね~!

      削除